業種別使用例

業種別使用例【農作物・植物栽培】

農業分野におけるアトマックスノズルの使用例

main_foto_07

植物・作物の成長促進液剤の散布・噴射

噴射ミストが非常に細かなため、作物に効率よく薬剤を吸収させることが可能です。

防虫・防菌などの液剤噴射

噴霧液剤が微粒化することで、空中でのミスト滞留時間を稼げることから栽培室内の隅々まで液剤をいきわたらせることができます。二流体方式のスプレイノズルですから、1ノズルあたりの噴射到達距離は長いです。

一定温度・湿度を保つ為の液剤噴射作業

夏場のハウス栽培では、室内の温度上昇を防ぐために循環送風や換気をおこなうが、微粒化した水を噴霧することにより室内中の気化熱を奪えますので、加湿・温度冷却の効果が得られます。

研究施設などでの少量液剤の定量噴射作業

農業研究施設や機関などへ、実験目的として植物へ少量薬剤噴霧散布にスプレイノズルとノズルコントローラを組み合わせた装置を多く、納入実績があります。細かなミストの発生と噴射したときの吐出インパクトが穏やかなのも、長所として評価頂いております。

動物飼育施設などでの消臭・防菌液剤の噴射

飼育施設などで発生する臭気にノズル噴霧による微粒化ミストで、消臭・防菌をします。スプレイ噴霧方式による設備は、従来方式に比較してコストがかからず、設備の設置や移動が容易なため好まれております。

アトマックスノズル BN160型

アトマックスノズルBN型は、AM型の持つ精密噴霧特性を活かして噴霧量を多くしたノズルです。

▶ 詳細を見る